• ホーム
  • 排水管清掃
  • 貯水槽・受水槽清掃
  • 冷却塔清掃
  • グリストラップ清掃
  • シロアリ駆除・防除
  • ゴキブリ・ネズミ駆除
  • 新着情報

排水管更正工法

お宅の排水管は大丈夫ですか?

オフィスビルやマンションの排水を下水管まで導く排水管は、設備の中でも老朽化が進みやすい箇所です。

排水管が老朽化すると、錆が原因で詰まったり、管に穴があいて漏水したりといったトラブルが発生しやすくなります。

右の写真は、築35年が経過したマンションの排水管。

この写真を見たら、「すぐに取り替えなくては!」と思われるでしょう。

しかし、建物によっては排水管の交換が難しかったり、交換の際に発生する付帯工事によって、一時的に生活が困難になったりしてしまいます。

排水管更正工法で、排水管がよみがえります!

「排水管更正工法」では、排水管内部の研磨・洗浄・塗膜を行い、排水管を再生させることができます。

排水管を取り外す必要がないため、工事期間は主管1系統につきわずか1日、排水制限も1日のスピード施工。

1戸あたりの工事金額も、取替工事の1/2〜1/3程度で済むうえ、産業廃棄物も出さない、環境に配慮した工法です。

錆だらけの排水管も、右の写真のようによみがえります。

通常工事と比較した配水管更正工法のメリット

  通常の工事 排水管更正工法
費用 1戸あたり約30〜60万円 通常工事の約1/2〜1/3
工期 長期 内装の復旧が必要になる 主管1系統につき1日
洗浄工程 配管を取り外すため、なし 水による洗浄
研磨工程 主管→研磨剤+治具で研磨
枝管→研磨剤のみで研磨
ライニング工程 プライマ(溶剤)→塗料
※表記価格、耐久性の数値は目安です。建物の状況や工事内容によって異なります。

排水管更正工法の施工フロー

調査・診断→事前準備→準備作業→研磨→研磨確認→ライニング→乾燥→塗膜検査→復旧・通水→完成検査→引渡し

当日の工事時間は7.5時間!

排水管更正工法の施工図

右図のようなマンションの排水管施工の場合、研磨・ライニングを行うため、最上階の堅主管を切断して、施工器具の投入口を作ります。

投入口から堅主管〜外部の枡まで施工します。各部屋の器具を取り外した排水口から横枝管の施工を行います。 堅主管と横枝間を切り離すことなく施工が可能です!

1階部分の排水は単独配管の場合が多いですが、本工法では同時施工が可能です。

完成検査にはお客様にも立ち会っていただきます!

工事完了後に行う完成検査には、お客様立ち会いのもとで行います。手抜きは一切ありません!

よみがえった排水管をお客様ご自身の目で確かめてください。

安心の10年間保証。24時間・365日対応いたします。

施工者が対象物件の維持管理契約を受託した場合、工事後10年間の保証をいたします。

10年保証の場合は、毎年排水管清掃および配管内部塗膜検査を実施いたします。

また、保証期間中に排水設備に問題が起こった場合は、すぐにご連絡ください。

24時間・365日お客様の元へうかがいます。急なトラブルが発生した場合でも、ご安心ください。

劣化診断・調査等は無料にて行っております。まずはご相談ください!※作業までの調査・診断には1〜3ヶ月ほどかかります。

048-874-1934

受付時間/9:00〜17:00 休日/日曜・祝日